ガンダム、金田一、陽暉楼、オペラ座、他感想。

カテゴリアニメですみません。まぁ、私の比率的に。

【陽暉楼】ようきろう。
以前、池上季実子と浅野温子のとっくみあいを名古屋で見たことがあったので、東での方が後の放送になるのかな?と思うのですが。
あー、すごかったです。池上季実子は本当に綺麗です。うつくしいです。『うつくしー』って感じですが、顔とかはなんか、百恵ちゃんみたいですね。なんか、幸薄そうな昔の日本の大女優さんみたいな?

綺麗ですー。いや、その一言だな。なんか、絵柄的には極道の妻たちみたいに近いけどあそこまで汚くなくて、ちゃんとロケーションが良い感じなのが良いです。歌舞伎ちっくというか、劇場っぽい作り方。

最初の婀娜っぽさからうって変わって、池上季実子さん演じる桃若が実はお局様だったという(笑)えー?みたいなところもあるんですが。

浅野温子がすごく若いです。(笑)肌のはり、とくに太ももがすごい。アピールすごい。(笑)
緒形拳が外道っぽいけど、堕ち切らないのもなかなか。

『おまんら』とかいうと、つい、スケバン刑事の南野陽子ちゃんを思い出すんですけど、高知ってはげし〜って感じです。色とりどりの着物は、豪華でしたなぁ。しかし普段着物は安っぽくて、その差がまた、庶民というより、下賤な気配がして、上手というか、昔の女たちはみんな泣いてきたんだろうなぁという。

女郎と芸妓って違うんですねぇ。なんとも言えない時代でした。珠子(浅野温子)が駅に座っているシーンの後ろに、振袖の若い三人娘がいて、彼女たちと、同じ年頃なのに、珠子の境遇を思うと、なんかほんと、あ〜あ、という感じでした。
最終的には最初から珠子がでばっていて、池上季実子は絵になるし綺麗だし画面に耐えうる美しさだったんですが、影が薄くて、微妙にもったいなかったなー。緒形拳の役所ももう少し、主張してもよかったように思います。(原作知らないので勝手にいうけれど。)

坂東さんの娘と見て、なるほどと思いました。池上季実子の化粧した顔、歌舞伎顔ですもんねぇ。

まー、人を選ぶ作品ではあるのですが、勉強のために(着物とかあと建物とか)見ました。

着物でカンカン踊りはしたくないし、お座敷の踊りもいまいちだなーと思いました。帯もみんな同じように着付けてあって、面白みはなかったです。扇子とかももう少しこだわりが欲しかったけど。

まぁ、そういう映画ではないので仕方がない。

という、非常に後味の悪いあとに、いろいろ見ました。(口直しに)絵的には綺麗だけどすかっとしないので。

【金田一少年の事件簿R?】だったかな。
久しぶりに見ました。2までイライラし通しでしたが、3でようやく犯人に辿り着きそうな感じで終わったので、ほっとしました。ストレスたまるわー。しかし、深雪とも仲が良いし、明智さんも最初から参加しているし、剣持さんともタッグは良いしで、はじめちゃんが愛されている感じが、なんか嬉しかったです。
いやぁなつかしー。
往年の推理マニア向け〜。奇術師に反応する人むけー。

【ガンダムオルフェンス】
血はよく吐きます。
主人公が淡々と人殺していくので、今までのガンダムにありがちなくさいセリフとかはないです。
とくに、敵側の良さそうなでも死んでいくんだな的キャラのおじさんがいろいろ感慨深く語っているのに、それを
「めんどくさい」と切り捨てるあたりが、現代っ子です。
ちょっと、カミナっぽいオルガの髪型が気になるけど、ガンダムではいつものことなので流している。
あと、オーガスっていう名前がひっかかるのだけど、私だけか。
そもそも三日月って名前が、気になるのですけどそのあたりはまるっと無視なんだろうか。

歌が結構今時です。エンディングがミーシャで驚いた。
まぁガンダムらしく、カラオケで歌いやすい歌になっています。

でも物語があんまり進んでいないので、これからどうなるのかさっぱりわかりません。とりあえず地球までの護衛なんでしょうけど。ああでも、敵の仲のシャア的位置の将校が、金髪碧眼なのは差別なのだろうか、何なんだろうかと思ったり。美形なのは、お約束。
なんとなく、グレンラガンを思い出す『鉄華』ネーミング。

ちょっとそこで萎えたけど。

とりあえず今の所、ぐだぐだなところがないのは良い脚本だと思われる。

【アラガミ】
えーと。まぁ、原作にわりと沿った形で原作より早めにいろいろ出てきた感じ。
絵は綺麗。綺麗なんだけどなー。。。。という感じ。いや、クオリティ高いんだけど、アニメーションの動きが気になります。なんだろう、何かひっかかります。戦闘シーンが。不自然な感じが。

【オペラ座の怪人(映画バージョン)】
えーと、大昔の?2004年のかな。
英語にすると日本語の四季の歌詞より、えげつない歌詞(笑)

ただ、細かい背景が入っているので、なるほどと思うところも。ジルとの関わりなんか面白かったな。
うーん。正直なところ、劇団四季のオペラ座の怪人の方がうまいなと思ってしまったんだけど(笑)
これはこれで、綺麗ではありました。
ただ、怪人の声は私的にはもっと低く、太いのが好みだったので、ちょっと高くて薄いのが気になったかなー。あと、怪人の顔は結構グロテスクになっていて、そこは四季と違ったかなー。
結構怪人役の人もかっこいいんだけど、ラウルが優男で美形なので、少しワイルド系な人がやった方がよかったんじゃないかなー、、、とは思います。
結局、怪人、草食系男子に成り下がる感じだったのが残念ですが、
最後の『バラ』をラウルが見たところがすごく好きですね。ここが面白かった。

クリスティーヌは黒いと前どっかの日記で書いたんですけど、、才能的な部分で怪人に惹かれているのに、結局自分が一番良い思いをするので私はクリスティーヌは嫌いなんですけど、そういう意味で、怪人が救われたような気がした最後のバラの使い方は、よかったと思うんです。
両者の複雑な心境を上手に表している部分は、劇では難しい部分もあったので、面白いなと思いましたけど。

ただ、それを吹き飛ばすくらい、劇団四季のクリスティーヌはうまかったので、歌だけに関しては、オペラ座の怪人が受けるのはよくわかります。ノリノリになりますもんね。歌の数少ないのに。

例えば、歌だけならキャッツの『メモリー』とかの方が心にくるんですけど、オペラ座というモチーフを使っていることによる効果が絶大だなーとしみじみ思いました。

で、CD売ってしまったのでないのですが、四季のオペラ座はすごいので今、名古屋公演しているので見に行ける人は見たらいいと思います。

東京に近くなったので、見に行けばいいんでしょうけど、今、これといって見たいものがないんですよねぇ。四季は結構見に行きましたけど。
やっぱり劇団四季というと、キャッツかなぁと思います。美しさ、歌の綺麗さ、感動、いろいろ入っているお得感が。異国の丘とかもすごかったですけどね。

今度カラオケで歌いたいなーと思うくらいには好きです。

【相棒14スペシャル】

反町!!!
反町さんが、オレ様すぎて笑う。

いいですなー。今までにないキャラだ。ミッチーの次に好きかもしれない。右京さんを

妖怪よばわり。(笑)トリオ!!!

出向でそれなりに権力にも耐性ありつつ、上手に立ち回れる形なのが面白いのと、右京さんとガチンコでない対決っていうのがさらに面白い。
それを心配する榎本。(爆笑)おいしすぎる立ち位置です。しかもまた石坂さん!!息子はアレですけど、さすがです。

で、反町のヒロイン役には誰がくるんでしょうかねー。まぁ、そこそこ面白く、よかったなぁと思いました。
もう14かー。1の前の土曜ワイドからのおつきあい。長いわ〜。

【思い出のマーニー】

あー、面白くないと思っていて、すみませんでした。(土下座)

面白かったです。泣きました。

北海道行ってきたばかりだから、タイムリーに、あの土地の感じが伝わって、リアルでした。

最初は、杏奈(アンナ)にイライラしっぱなしだったんですけど、途中でその意味がわかりました。
声優さんは、まぁ、ジブリらしく、下手でしたけど、まぁ、そこが良いんだろうなと思いますいつも。

日常をしっかり描いているところもよかったと思うし、食べ物もおいしそう(ここ重要)でした。
特に、後半に出てきたさやかちゃんが良い味を出していました。
なんか北海道だと思っていたら原作は海外なんだなーと。
よく日本風にしたなーと。そりゃ北海道くらいしか当てはまらないだろうなーとか。思いました。

宮崎のような壮大さや、テーゼ的には弱く、小さい作品ではあるけれど、きちっと完結しているところが良い作品だと思いました。(偉そうか。)
いや、空は飛ばないからな。(ジブリ作品は空関係しているから。)
空飛んで欲しいけどね。

これは、友人が言っていたんだけど、男の子としてのちゃんとした男の子っていうのが、『パズー』までだったんだよね、っていう。
最近のジブリ作品にありがちな、小さな感じでまとまっている現代的な作品です。

まぁ好き嫌いは分かれるだろうけどもだもだして、最後がすっきりなのでよかったです。

とりあえず、以上かなー、ほかのものはまた見てから感想かきます。

この記事へのコメント